D's Report - 2015年4月24日更新

<東京〜大阪>東海道新幹線 料金一覧 <指定席・自由席・EX-IC> 東京・品川・新横浜〜小田原・熱海・静岡・浜松・名古屋・京都・新大阪・新神戸

【東海道新幹線】 料金一覧表(指定席・自由席・EX-IC)

 ※ご使用のブラウザによってはお気に入りに追加のボタンは機能しませんのでご了承ください

 

東京・品川・新横浜〜大阪・京都・名古屋・静岡区間の新幹線料金一覧表です。新幹線の割引で購入する方法や、宿とセットにすることで通常ではほとんど割引が無い東海道新幹線を安く乗車できる方法などの情報もあります。

★ポイント★ 東京〜大阪間 片道

指定席(のぞみ)=14,450円(±200円)、指定席(ひかり・こだま)=14,140円(±200円)、自由席=13,620

※プラス200円は繁忙期(主に、春休み・GW・夏休み・冬休み)、マイナス200円は閑散期、±0円は通常期

自由席・指定席の料金は、会社の出張精算などにご活用ください。ちなみに、指定席は季節(閑散期・通常期・繁忙期)によって −200円/±0円/+200円と料金が異なります。なお、のぞみの指定席は他の指定席より料金が上乗せされています。ご注意ください。(参考:【繁忙期・閑散期カレンダー】JR 指定席 料金加算日/減算日一覧

指定席を利用する場合は、実際の旅行日を確認して、その日がどの分類に該当するかを確認しましょう。


<日本旅行のセットプラン> JRと関係が深い日本旅行なので、新幹線とホテルという珍しいセットプランがあります。ホテルと交通を個別に予約するよりも万円単位でお得になる場合もあるとのことです。人気なので予約ですぐに一杯になることも多ういので、一度チェックしてみると良いと思います。

 ←クリックすると予約サイトに移動しますので、ご注意ください。

※現在、海外からの観光客が大幅に増加してるため、全国的にホテルの予約が取りにくい状態になっています。(これまで予約できていたホテルも常に満室で予約できなくなってしまいました) 部屋の供給量は急激に変わらないため、しばらくはホテル予約が難しい状態が続きます。良い条件のホテルがあれば、とりあえず予約しておくことをお勧めします!


<高速バス> 最近、人気が高いのは高いのは、WILLER社が運営している高速バスです。2列で個室のような「コクーンシート」という座席がある、最先端の高速バスが予約できます。その他、さまざまな高速バスから選んで予約できるサイト(楽天トラベルのバス予約) では、多くの時間帯や乗車駅・下車駅が選べて、価格も安いので、おすすめです。

WILLER TRAVEL ← クリックすると予約サイトに移動しますので、ご注意ください。


東京・品川←→
新大阪・京都・名古屋・浜松・静岡・熱海・小田原の場合

東海道新幹線 料金一覧

東京・品川発 指定席
(のぞみ)
指定席
(ひかり・こだま)
自由席 EX-IC (参考)e特急券
指定席/自由席

新神戸・
神戸市内

乗車券 9290
特急券 5810円(±200円)
計    15,100円(±200円)
乗車券 9290
特急券 5390円(±200円)
計    14,680円(±200円)
乗車券 9290
特急券 4870
計    14,160
13,910
(新神戸)

e特急券 4820

新大阪・
大阪市内

乗車券 8750
特急券 5700円(±200円)
計    14,450円(±200円)
乗車券 8750
特急券 5390円(±200円)
計    14,140円(±200円)
乗車券 8750
特急券 4870
計    13,620
13,370
(新大阪)

e特急券 4820

京都
京都市内

乗車券 8210
特急券 5700円(±200円)
計   13,910円(±200円)
乗車券 8210
特急券 5390円(±200円)
計    13,600円(±200円)
乗車券 8210
特急券 4870
計    13,080
12,830
(京都)

e特急券 4820

名古屋
名古屋市内

乗車券 6260
特急券 4830円(±200円)
計   11,090円(±200円)
乗車券 6260
特急券 4620円(±200円)
計    10,880円(±200円)
乗車券 6260
特急券 4100
計    10,360
10,110
(名古屋)

e特急券 4050

浜松

 − 乗車券 4430
特急券 3860円(±200円)
計     8,290円(±200円)
乗車券 4430
特急券 3340
計    7,770
7,570 e特急券 3340

静岡

 − 乗車券 3350
特急券 3000円(±200円)
計    6,350円(±200円)
乗車券 3350
特急券 2480
計    5,830
5,630 e特急券 2480

熱海

 − 乗車券 1940
特急券 2250円(±200円)
計    4,190円(±200円)
乗車券 1940
特急券 1730
計    3,670
3,470 e特急券 1730

小田原

 − 乗車券 1490
特急券 2250円(±200円)
計    3,740円(±200円)
乗車券 1490
特急券 1730
計    3,220
3,220
(東京-小田原)
3,040
(品川-小田原)
e特急券 1730
 

繁忙期 +200円 :3月21日〜4月5日・4月28日〜5月6日・7月21日〜8月31日・12月25日〜1月10日
閑散期 -200円 :1月16日〜2月末日・6月・9月・11月1日〜12月20日の各期間の月〜木曜日(祝日と祝前日・振替休日は除く) 
通常期 ±0円:上記以外の日


【繁忙期・閑散期カレンダー】JR 指定席 料金加算日/減算日一覧

以下リンクは、ビジネスホテル・旅館の予約、高速バスの予約など、飛行機の予約など、安く予約ができるサイトを集めたページです

 ← 高速バス予約や飛行機+宿のプラン予約サイトがあります

★裏技テクニック★ 

ホテルなどでの宿泊の予定がある場合は、楽天トラベルなどの「飛行機」と「宿」がセットになったプランを予約すると、トータルコストを大幅に安くすることができます。(東京・大阪往復+宿で2万円台、つまり、新幹線の往復よりも安いプランもある) ⇒ 予約サイト(楽天トラベル)は、こちら 

また、日本旅行には、「新幹線」と「宿」がセットになった珍しいプランがあり(JRと関係が深い日本旅行ならでは!)、このプランをうまく使うと数万円単位でお得になります ⇒ 日本旅行のセットプランは、こちら 

新横浜←→
新大阪・京都・名古屋・浜松・静岡・熱海・小田原等の場合

東海道新幹線 料金一覧

新横浜発 指定席
(のぞみ)
指定席
(ひかり・こだま)
自由席 EX-IC (参考)e特急券
指定席/自由席

新神戸・
神戸市内

乗車券 8960
特急券 5810円(±200円)
計    14,770円(±200円)
乗車券 8960
特急券 5390円(±200円)
計    14,350円(±200円)
乗車券 8960
特急券 4870
計    13,830
13,590
(新神戸)

e特急券 4820

新大阪・
大阪市内

乗車券 8420
特急券 5700円(±200円)
計    14,120円(±200円)
乗車券 8420
特急券 5390円(±200円)
計    13,810円(±200円)
乗車券 8420
特急券 4870
計    13,290
13,040
(新大阪)

e特急券 4820

京都
京都市内

乗車券 7880
特急券 5370円(±200円)
計   13,250円(±200円)
乗車券 7880
特急券 5060円(±200円)
計    12,940円(±200円)
乗車券 7880
特急券 4540
計    12,420
12,180
(京都)

e特急券 4490

名古屋
名古屋市内

乗車券 5620
特急券 4830円(±200円)
計   10,450円(±200円)
乗車券 5620
特急券 4620円(±200円)
計    10,240円(±200円)
乗車券 5620
特急券 4100
計    9,720
9,460
(名古屋)

e特急券 4050

浜松

 − 乗車券 4000
特急券 3860円(±200円)
計    7,860円(±200円)
乗車券 4000
特急券 3340
計     7,340
7,570 e特急券 3340

静岡

 − 乗車券 2590
特急券 3000円(±200円)
計    5,590円(±200円)
乗車券 2590
特急券 2480
計     5,070
5,070 e特急券 2480

熱海

 − 乗車券 1320
特急券 2250円(±200円)
計    3,570円(±200円)
乗車券 1320
特急券 1730
計    3,050
3,040 e特急券 1730

小田原

 − 乗車券 970
特急券 2250円(±200円)
計    3,220円(±200円)
乗車券 970
特急券 980
計    1,950
2,700
(指定席)
1,950
(自由席)

※新横浜〜大阪市内の場合、新幹線の乗車区間を新横浜〜京都間にして、新快速で京都〜大阪間を移動すると、乗車券 8420円(新横浜〜大阪市内)+特急券 4540円(新横浜〜京都)=  12,960 となり、若干(片道で330円)安くなります。

※往復で利用する場合、往復割引を使うことで、東京〜大阪間や、東京〜神戸間の乗車券を安くすることができます。(東京〜神戸で1,300安くなります)

※EX-ICの料金は、指定席・自由席とも同じ料金です(一部、近距離の場合は別料金)。なお、市内や都区内といった特例は適用されないので、例えば、東京から大阪まで移動する場合は、別途、新大阪〜大阪間は料金が必要になります。

参考:  東京・大阪間で通常は利用できない往復割引を利用して最大2000円近く節約するテクニック

繁忙期 +200円 :3月21日〜4月5日・4月28日〜5月6日・7月21日〜8月31日・12月25日〜1月10日
閑散期 -200円 :1月16日〜2月末日・6月・9月・11月1日〜12月20日の各期間の月〜木曜日(祝日と祝前日・振替休日は除く) 
通常期 ±0円:上記以外の日


【繁忙期・閑散期カレンダー】JR 指定席 料金加算日/減算日一覧


★割引テクニック★ 

基本的に東海道新幹線で大幅な割引はあまりありませんので、往復割引(往復600キロ超)や精算機での精算を活用する基本テクニックは必ずおさえておくと良いです。⇒ 東京・大阪間で通常は利用できない往復割引を利用して最大2000円近く節約するテクニック

<こだま利用> 時間に余力があれば「ぷらっとこだま」などのこだまを利用したプランもあります。ただし事前予約必要です。また、JR東海の会員制ICカード EX-ICでは、こだまが安くなるキャンペーンもあります。

<EX-IC>指定席を自由席よりも安く買えるため、頻繁に新幹線を利用するならば、EX-ICカードに入会することをお勧めします。

 

東海道新幹線 割引テクニック

基本的に東海道新幹線で大幅な割引はほとんどありません。以前はチケットショップで購入をするとお得でしたが、最近は割引もほとんど無く、エクスプレス予約の方が指定席が安く購入できるケースの方が多くなっております。

そんな中でも、東海道新幹線を安く乗る方法がいくつかあります。

@往復割引テクニック

通常では、500キロ程度なので東京〜大阪間では往復割引は適用されませんが、(往復600キロ超のみ適用のため)、経路を工夫することで、通常に切符を購入するよりも、周辺駅まで行くことができ、さらに、通常に東京〜大阪間の切符を購入するよりも安くなるケースがあります。出発地・目的地によっては、往復で最大1940円安くなります。

⇒ 【東京〜大阪】往復割引(601キロ以上)適用テクニック

A精算機で精算テクニック

東京都区内や周辺へ行く場合・帰る場合、うまくすれば運賃が若干安くできます。

これは、東京都区内切符の特徴を活かして、乗り越し精算機で精算することで結果的に安くなります。ただし、安くならない事例や、逆に高くなってしまう事例があるので、事前の調査が大切です。

⇒ その1東京都区"外"駅へ行く場合、都区内切符を精算機で精算すると安くなるテクニック

⇒ その2東京都区"内"駅へ行く場合、都区内切符を買わずに精算すると安くなるテクニック

Bぷらっとこだま

時間に余力があれば「ぷらっとこだま」もあり。東京〜大阪間を10,300円で移動できる。ただし事前予約必要。

C裏技:宿と飛行機がセットになっているプランを予約

ホテルなどでの宿泊の予定がある場合は、楽天トラベルなどの「飛行機」と「宿」がセットになったプランを予約すると、トータルコストを大幅に安くすることができる。うまくいけば、東京・大阪間で、宿+往復飛行機代で2万円台という、単純に新幹線で往復するよりも安いプランもあるので、出発までに数日程度余裕がある場合は、予約サイトで空室があるかチェックしておくほうが良い。(ただし、人気なので空室がなくなっている場合もある)

⇒ 宿と飛行機代がセットになっている予約サイト(楽天トラベルの楽パック)は、こちら※リンクを押すと楽天のサイトに移動しますのでご注意ください

<便利情報> 宿と "新幹線" がセットになっている格安プランがある

宿+飛行機往復プランと同じように、「新幹線往復」と「宿」がセットになったプランがあります。宿と交通費がセットになることで、バラバラに支払うよりも万円単位でお得になる場合もあります。

人気があるのは楽天トラベルの楽パックと、JRと提携している日本旅行のプランです。

※注意事項※

・これらのプランは、「ツアー」扱いなので、直前の予約はできません。
・人気が高く、数に限りがあるので空室がすぐになくなる場合がある。予定が確定次第、予約しておいた方が良い。
・ツアーなので、キャンセルの規定をあらかじめ確認しておきましょう。
・「何名で一室」の料金かを確認しましょう。4名で一室と、1名で一室だと料金が結構違ったりします。

◆日本旅行のプラン(こちら)には、多くのエリアから利用できる新幹線プランがあります。人気なので、良い条件のプランに空きがあれば、早めに予約したほうが良いです。

 ← こちらは日本旅行

◆楽天トラベルの「楽パック」(こちら)では、「国内ツアー」を選択して「JR東日本+宿泊」や「JR九州+宿泊」を選ぶと、安いプランが表示されます。

楽天トラベル株式会社 ← こちらは楽天トラベル


大阪→東京 終電情報

大阪→東京方面の最終電車です。

東京でも多摩地区へは、最終の新幹線で終電に間に合わないのでご注意ください。

方面 目的地 新大阪駅発 到着時刻 経由
東京都内へ 東京駅 21:20(最終のぞみ) 23:45  
三鷹駅 21:20(最終のぞみ) 0:31 東京経由
立川駅 21:20(最終のぞみ) 0:50 東京経由
21:20(最終のぞみ) 0:48 新横浜経由
拝島駅 21:00 0:56 新横浜経由
東大和市駅
(西武)
20:40 0:28 品川・高田馬場経由
21:20(最終のぞみ) 1:20 立川経由
1:04 発深夜バス(平日)
玉川上水
(西武)
20:56 0:40 品川・高田馬場経由
八王子 21:20(最終のぞみ) 0:26 新横浜経由
埼玉 川越 21:20(最終のぞみ) 1:09 池袋・東武経由
本川越
(西武)
20:56 1:01 池袋・西武経由
品川・新宿・西武経由
飯能
(西武)
20:56 1:04 池袋・西武経由
千葉 千葉駅 21:20(最終のぞみ) 0:43  
神奈川 横須賀中央
(京急)
21:20(最終のぞみ) 0:21 新横浜・京急
中央林間
(東急)
21:20(最終のぞみ) 0:09 新横浜経由

乗り遅れたときは・・・ 寝台特急 サンライズ出雲・瀬戸 という手もありますが・・・


ホテル・高速バスの予約テクニック

ホテルや旅館を予約する場合、ホテルや旅館に直接予約すると、料金が高かったり満室であったりします。そんなときは楽天トラベル日本旅行じゃらんなどの予約サイトから予約をすると、空室が見つかったり、直接予約するよりも安く予約できる場合が多くあります。

ホテル・旅館へ直接予約すると高かったり満室だったり・・・

経験的に、宿の予約の際、旅館やホテルのサイトで直接予約すると、正規料金になって高かったり、満室で予約できなかった・・・、ということがありました。そんなとき、楽天トラベルなどの予約サイトから予約すると、満室のはずなのになぜか空室があったり、直接ホテルで予約する場合より安いケースがありました。

ホテル予約サイトでは、そのサイトオリジナルのお得なプランがあります。人気なのは、交通(飛行機か新幹線)とのセットプランです。ただし、人気が高いので条件に合う空室がなくなっている場合があります。

とりあえずでも予約は早いほうがいい

ホテルの予約は、まだ空きがあると思って安心していたら、急に予約で埋まってしまうことが良くあります。そうすると条件を落とさざる得ないこともあります。とにかく、予定が確定次第、良いと思ったホテルやプランは予約しておいた方が良いです。

とりあえず予約するには無難な、定番予約サイトベスト3

楽天トラベル 旅館予約 ビジネスホテル予約

定番のホテル予約サイトです。直接ホテルに予約するより若干安い場合や空室ありの場合があります。楽パックのように、宿と交通費がセットになったオリジナルプランもあります。これは、それぞれで予約するよりも大幅に安くなっている場合が多く、個別に予約するよりも万円単位でお得になる場合があります。

楽天トラベル株式会社

※スマホからアクセスして、JR東の新幹線とセットになった「びゅう」パックが表示されないときは、パソコン用のサイトにアクセスすると表示されます。

日本旅行 旅館・ビジネスホテル 予約

老舗の日本旅行からも、お得なJR往復+宿泊セットのオリジナルプランがでています。交通と宿泊を別々で予約するよりも大幅に安くなります。キャンセル規定も利用者に優しいので、とりあえず予約ということもお勧めです。

ホテル予約時には、これらのサイトをチェックして予約すれば、安心です。

じゃらん 旅館・ビジネスホテル 予約

おなじみリクルートが運営するホテル予約サイト。価格も安く、交通とのセットでお得なオリジナルプランもあります。楽天トラベルや日本旅行のサイトとあわせてチェックしたほうが良いです。

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

◆交通費の節約には、夜行高速バスという手もあります。

交通費を節約するには、夜行バス・高速バスが有効です。いろいろなバスが安く予約できるサイトへのリンクがありますので、適宜ご活用ください。 → 高速バス予約サイトへのリンクはこちらです。 

高速バスの安全性について

数年前までは、「雨後のたけのこ」のように、たくさんの高速バス会社が営業しており、一部、問題がある高速バス会社もありました。しかし、その後、安全性の規定が厳格になり、問題がある会社は淘汰されてきました。現在では安全性の高い会社だけが残っている状態になっています。

最近、人気が高いのは高いのは、ウイラートラベル(WILLER)運営している高速バスです(こちら)。2列で個室のような「コクーンシート」という座席がある、最先端の高速バスが運行されています。

WILLER TRAVEL ←これは WILLER。2〜4列のシートバリエーションが豊富です。

その他、さまざまな高速バスから選んで予約できるサイト(楽天トラベルのバス予約) では、多くの時間帯や乗車駅・下車駅が選べて、価格も安いので、おすすめです。

◆東北や九州方面の場合

宿と新幹線または新幹線がセットになっているにもかかわらず、往復の新幹線・飛行機料金よりも安い場合があります。人気があるので、空室がなくなっているかもしれませんが、うまく日程が合えばお得なので、念のためチェックしておくと良いです。
宿と飛行機代・新幹線代がセットになっている予約サイトはこちらです。 


類似したレポートへのリンク

◆新幹線の便利情報(2014/4/1料金改定対応)

◆大阪出張のおともに・・・大阪市内の鉄道の路線図情報

◆大阪出張のおともに・・・厳選ビジネスホテル情報(価格の割りにクオリティーが高いホテルを整理)

◆東京〜大阪間 を安く移動するための経験・ノウハウ集

◆奈良観光シリーズ

◆東京都区内キップで節約テクニック

◆東京〜大阪間 夜行高速バスのテクニック・ノウハウ集

◆ディズニーランド・ディズニーシーへ行かれる場合は参考にどうぞ

東京ディズニーランド・ディズニーシー周辺の素敵なホテルを安く予約できるサイトです(高速バス予約もできる)早く予約すると安いオフィシャルホテルなど、良い条件のホテルが見つかります。

バスによるディズニーランド・シーと、周辺やオフィシャルホテル予約がセットになったプランもあります。

WILLERの高速バスは、個室のような座席(コクーンシート)の高速バスもあって、なかなかバリエーションに富んでいます。 ただし、結構人気が高く、すぐに予約で席が無くなってしまうこともあるので、思い立ったら早速予約するのがポイントです。

高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL  

  戻る     レポート一覧メニューへ戻る 便利メニュー
アクセスカウンター

<通信販売のNISSEN>

<楽天市場>