斜 視

「斜視」とは、左右の目の視線が一致せず、片方の目の視線が、目標物とは別の方向に向いてしまう状態をいいます。

こどもの約2%は斜視だといわれており、乳幼児に代表的な目の病気の1つです。

●斜視が起こる主な原因は、次のとおりです。

【視力の異常】

 両目を同時に使って1つの物を見ることを「両眼視」といいます。

  片目、または両目の視力が低いと、両眼視がうまくできず、それが原因で斜 視になることがあります。

  この場合、生まれつき水晶体が濁っている「先天白内障」や網膜の悪性 腫 瘍である「網膜芽細胞腫」などの病気が見つかることもあります。

【両眼視の異常】

 生まれつき両眼視する機能が悪いために、斜視になることがあります。

【眼球運動の異常】

  眼球を動かす筋肉の力が、左右でアンバランスになっているために、斜視に なることがあります。

遠視】

 遠視の人は、無理をしないと対象物にピントが合わせられません。

  無理にピントを合わせようとすると、目が内側に寄ってしまい、斜視になり やすくなります。

 子どもは、遠視の場合が多くあります。

 これは眼球がまだ小さいための遠視で、成長するにつれてよくなるのが普通です。

●斜視になると次のような症状があらわれます。

【外見上の症状】

 片方の黒めの位置が、左右または上下にずれています。

【両眼視ができない】

  斜視の患者さんは、両眼視がスムーズにいかないため、立体感や遠近感をと らえることが難しくなります。

【複視】

 両目の視線がそろわないため。1つの物が2つに見えます。

【目の疲れ】

なかには、時々斜視になるというタイプの人がいます。

こういう人は、斜視になったときに、斜視を無理に直そうと努力するため、目が疲れやすくなります。

【弱視】

斜視になると、正常なほうの目だけで物を見て、斜視のほうの目はあまり使いません。

視力が発達する乳幼児期に、長期 間目をよく使わずにいると、視力が極端に低くなります。これを「弱視」といいます。

●斜視は、目のずれ方や起こり方などによって分類されます。そのうち、主なものをいくつか挙げます。

【内斜視】片目が内側にずれている斜視。

外斜視】片目が外側にずれている斜視。

【上下斜視】片目が上下いずれかにずれている斜視

●斜視の起こり方によって、次の2つに分類されます。

【恒常性斜視】常に目の位置がずれている斜視をいいます。

【間欠性斜視】時々目の位置がずれる斜視をいいます。

 外斜視の約80%は、このタイプです。

 間欠性斜視は、ぼんやりしているときや疲れたときなどに、目が外側に寄りまが 視線を合わせようと努力すれば、目の位置が正常になります。ただし、目は疲れます。

●そのほかにも、次のように呼ばれる斜視があります。

【麻痺性斜視】

交通事故による頭部外傷や「脳腫瘍」などによる脳の病気などが原因で目の筋肉が麻痺して起こる斜視をいいます 。

【偽斜視】

乳幼児は鼻根部(鼻の付け根)が低いために、鼻側の白目の部分が皮膚に隠れ、両方の黒目が左右対称に内側に寄って見えることがあります。

このように、実際は斜視ではないのですが、外見上、斜視に見えるものを「偽斜視」といいます。

しかし、偽斜視は、目の機能には何の問題も起こりません。

成長とともに鼻筋が通ってくれば、皮膚が引っ張られて白目が出てくる ので、外見上の問題も自然と解消します。

【大人の斜視】

斜視は子どもに多い病気ですが、大人にも斜視が起こることはあります。

大人の斜視では、よく見られる2つのタイプがあります。

 1つは、時々斜視になる間欠性斜視がもともとあり、大人になっても症状が持続している場合です。

 子どものときは目の調節力が強いためにあまり症状が出なかったのが、大人になるにつれ調節力が次第に衰え、症状が強まることがあるのです。

 最近は、パソコンなど目を使う機会が多いので、斜視の人は目が疲れることが多くあります。

もう1つは、交通事故や脳の病気が原因で「麻痺性斜視」になるケースです。 

しかし、大人の斜視も、子どもの斜視と同じで、手術をすれば治ります。

●斜視は適切な治療をすれば治る病気なので、心配することはありません。

それには、まず原因をしっかりと確かめることが必要です。

【診断】

検査のなかで最も重要なのは、「眼底検査」です。

 瞳孔から眼底をのぞいて、白内障や腫瘍など、斜視の原因となる目の病気が隠れていないかどうかを調べます。

また、眼球の動きを調べる「眼球運動検査」も行います。

 これは、医師の指の動きなどを目で追う検査で、眼球がスムーズに動かないような場合は、脳の病気も考えられます。

また「固視検査」で弱視、「屈折検査」で遠視の有無を診ます。

【治療】

何らかの病気が原因で斜視が起こっている場合は、その治療をまず行います。

《弱視を伴う場合》

 弱視を伴っている場合は、正常なほうの目を専用の遮閉具で覆い隠し、斜視のほうの目を強制的に使わせることで、視力を回復させる「遮閉法」が用いられます。
遮閉法は早く始めるほど効果が高く、治療期間も短くてすみます。

治療のやりやすさという点からも、1歳ぐらいまでの乳児期に行うのがよいでしょう。

《遠視が原因の場合》

 遠視が原因で内斜視が起こっている場合は、眼鏡をかけて遠視を矯正する「屈折矯正」を行います。

屈折矯正は、眼鏡をかけられる3歳ぐらいから始めます。

 成長とともに遠視は改善していくため、視力にあわせて眼鏡を替えていきます。
遠視が矯正されれば、斜視も治ります。

《遠視以外の原因の場合》

 遠視以外の原因で斜視が起こっている場合、眼球を動かす筋肉を調整する手術が行われます。

 具体的には、眼球を動かす筋肉を縫い縮めて短くしたり、眼球についている筋肉の位置を変えたりします。

 手術自体は難しくないのですが、どちらの目の、どの筋肉に、どのような手術をするかの判断は簡単ではありません。

 子どもには、一般に全身麻酔で行うため、およそ3〜4日の入院が必要です。
手術をする時期は斜視の種類によって異なり、早く手術をしたほうがよいものもあれば、急がなくてよいケースもあります。

 ただ、両眼視の機能が最も発達するのは乳幼児期なので、それを考慮しての治療が必要です。体力的なことを考えると、早くても生後6か月ぐらいから1歳未満が、適切な時期といえます。なお、弱視の治療は、手術の前に行います。

斜視の種類によっては、手術後も弱視が残っていたり、筋肉の働きや両眼視の機能が回復しないことがあります。

 その場合、目の位置が、長い年月の間にまたずれてくることもあります。
したがって、治療後も1年に1回は検査を受けて、経過を観察する必要があります。再発した場合は、また手術を行います。

斜視の治療は、それほど急ぐ必要はありませんが、斜視の背後には重大な病気が隠れていることもあるので、専門医による診断をできるだけ早く受けることが大切です。

 ただし、見え方の異常があっても、幼い子どもは、自分から訴えることはありません。

 早期に異常を発見するためには、家族など周囲の人が子どもの様子に気を配ることが大切です。子どもが物を見るとき、次のような動作をする場合は、要注意です。

 @頭を傾けてみるA横目使いで見るB上目使いで見るCあごを上げた下げたりしてみ見るD片目をつぶって見る

 斜視がある子どもは、物を見やすくしようとして、無意識のうちにこのような動作を行っていることが多いのです。

このような動作が見られる場合は、斜視が疑われるため、早めに眼科を受診するようにしてください。

弱 視

どうしてなるの・・・

 弱視はものを見る訓練ができないと起こりますが、ものを見る訓練ができない状態になる原因としては斜視、遠視、先天性の白内障など

弱視はどうやって調べるの?

 斜視と違い、弱視は保護者の方が注意していても分からないことがままあります。特に片方の目だけが弱視の場合、より方の目で普通に見ているため、気がつかないことが多いようです。

3歳児健診の視力検査を必ず受けるようにしましょう。

家庭でj弱視を発見するには・・・

●テレビを前の方で見る
●目を細める
●しつも頭を傾けてものを見る
 など、いかにもものを見にくそうにしている場合には注意しましょう。

 また、片目が良く見える場合には、なかなか気付かないので、片目を隠してカレンダーや時計を見せてみましょう。

少しでも異常に気がついたときには必ず眼科を受診しましょう。

弱視はなおるの?

 視力の発達が抑えられている期間の長さや程度によって、よくなる場合とならない場合があります。

3歳くらいまでに見つかると、なおる可能性は高くなります。

 弱視をなおす方法としては、遠視が原因の場合には遠視用のめがねをかけます。
その他の場合は弱視の視力増強訓練を行う必要があります。

弱視の視力増強訓練は遮閉法という方法で行います。

 遮閉法はふつう良い方の目を隠すことによって、弱視の目を無理に使わせようとする方法です。

 この方法は病院だけでなく、家族でもずっと行わないと意味がありませんので、家族の協力が必要となります。

遮閉法を行うときには眼科医の指示に従いましょう。

また、4歳児以上では視能
訓練士による器機を利用した訓練を行います。