Virtual DJ Home Free 2ターンテーブルの操作と動作(推測)




VDJ(Virtual DJ Home Free) 4ターンテーブルでの操作

現在の状態、リハーサルの音楽曲/ 2番のターンテーブルを流しながら1番と3番のターンテーブルで次の曲を編集中

4ターンテーブルでの操作
・VDJスキン選択CONFIG> 項目の左から2番目/デザインを選ぶ その項目で日本語を選択もできる
・サウンド環境設定CONFIG> 項目の左から1番目/4つの接続形態で右端を選ぶと出力をスピーカーとヘッドフォンに分配可
但し、標準設定を左右逆(この方が使いやすい)にすると10分間後には、VDJが止まる
・スペースキー各ターンテーブルの左上の番号が押してある所が作動する
・オートシンクロ各テーブルのオートシンクロボタンの上のmasterが点灯している所に同調する
・タンーンテーブル各テーブルの番号を押すと上部の波形と各PFL(各色)が連動する
 但し、予め2個以上のPFLを押して色が点灯してると変化なし(1箇所だと変化する)
・キーボードキーボード操作は、CONFIG> 左から3番目/midi設定
オリジナルキーの設定(入力は、画面を押すと自動で入力できる)
1.Key-Leamを押す 2.キーボードを押す 3.Action-Leamを押す 4.VDJのボタンを押す
・ヘッドフォンヘッドフォンのメイン音量は、スキンの上部ある メイン音量とのMIXボタンもある
各ターンテーブルのPLFボタンを押すと聞こえる
・波形上部のWAVEボタンを押すと波形表示が変わる
・その他いろいろな文字やボタン、場所を押すと非常に多くの機能があることが分かる
備考スピーカーとヘッドフォンの音を分配する一例
パソコンのヘッドフォン端子に左右分配できるピンジャック (専用/約3000円)(百均店だと105円)を購入する
基本的には、左右のコードを物理的に分配(接続プラグやコード接続を組み合す)すれば可能である
だだし、上記にも書いたが左右の出力を逆にすると10分間の利用制限がある(解除するには、PROを購入する)

[例] 運動会でVirtual Dj Home Freeを利用するケース

 テーブル1に入場曲 → テーブル2に国歌(国旗掲揚) → テーブル3にラジオ体操第一 → 退場曲
 競技一種目開始 テーブル1に入場曲 → テーブル2に競技開始 → テーブル3に曲変更 → テーブル4に退場曲
 (競技2種目の選曲 / 各テーブルの競技が終わると同時に次の競技曲を準備しておく)
 運動会応援歌「ゴーゴーゴー」 各テーブルに赤組 白組 青組 緑組 など応援歌を用意して同時に放送する

Virtual Dj Home Freeを活用しての音楽再生する備考記録です メインページ
このサイトは、広島・学校支援ボランティア 「SSLC」が小学校教職員向けに作成しました。追加や訂正等は、御連絡をお願い致します