<第六話 「好きな色」が教える深層心理>

「好きな色」は貴方がその色を好む理由から貴方の深層心理を教えてくれます。
 
漠然と好きだと思っていても、色には固有のイメージがあり、無意識のうちにその色の何らかの特質に惹かれているのです。
  
その色のどんな性質に、何故惹かれるのか、その色を身につけることによって人にどんなイメージを伝えたいのか、また、その色によってどんな影響を受けるのか等、色別に見ていきたいと思います。

------------------------------------------------------

 「赤」が好きな人の深層心理

あなたの中の溢れる生命力、強い喜び、好奇心など、強いエネルギーが「赤」を好きにさせます。
 
そのエネルギーは強い怒り、不満、攻撃性、多忙さによるものかもしれません。

そんな時は赤を使うのは控えめにしてください。

赤が好きな人は、赤によって、「自分は強い、元気だ、開放的だ」

「自分はかわいい、魅力的だ」
というイメージを伝えようとしています。
 
赤の良い所はチャレンジ精神を呼び起こし、活力を沸き立たたせることです。

悪い所は、イライラしたり、攻撃的になってしまうことです。


  「ピンク」が好きな人の深層心理

美、活力への憧れ、女性的な性質、また、老いへの恐れがピンクを好きにさせます。

そして、ピンクが好きな人自身は生命力にあふれ、健康でいつになっても恋愛感情を失わない人です。

ピンクが好きな人は、ピンクによって、「自分は若々しく美しい」「自分は女性的で優しい」「ロマンティスト」こんなイメージを伝えようとしています。

ピンクは明るく元気な気持ちにさせてくれます。また、人に優しく振舞うようにさせます。けれど、感情的になったり、誰かに依存したい気持ちが起きます。


 「オレンジ」が好きな人の深層心理

明るさへの憧れ、健康的な魅力をアピールしたい、目立ちたいという願いがオレンジを好きにさせます。

とても明るいイメージを持つ色のため、それを特に好む人は、孤独への恐れ、嫌われたくないという思いが人一倍強い人です。

オレンジが好きな人は、オレンジによって「自分は明るく活発である」「自分の周りにいる人を楽しくさせる」というイメージを伝えようとしています。

オレンジを身につけると、明るい気持ちで人と接したくなり、周囲を楽しませたいと思うようになります。

けれど、その反面、喋りたいという欲求が抑えられなかったり、落ち着きをなくしてしまったりします。

 
  「茶色」が好きな人の深層心理

安定への欲求、高級志向、また個性的でありたいという願望が茶色を好きにさせます。

土への愛着が強い人も自然と茶色に惹かれるようです。

茶色が好きな人は、茶色によって「信頼できる人間、落ち着いた人間」というイメージ、芸術的感性が豊であること、またはリッチであることを伝えようとしています。

茶色を身につけると、落ち着いて堂々と振舞うようになります。また、現状に満足し、リラックスできます。けれど、逆に、変化を恐れ、若さや新しさを軽蔑する傾向が出てきます。


  「黄色」が好きな人の深層心理

重苦しさを嫌い、明るい面を探そうとする心理、また、注目を集めたいという心理が黄色を好きにさせます。

そして、権威への反発心が強い人、知力に優れた人が多いようです。

黄色が好きな人は、黄色によって「ユーモアのセンスがある、楽しい人間」「明るく自由で、かわいい」イメージを伝えようとしています。

黄色の良いところは、ほがらかで楽観的な気分になり、論理的な思考をするようになることです。悪い所は、自己中心的な行動を自分に許すようになることです。
 

  「緑」が好きな人の深層心理

平和と自然へのあこがれ、やさしさへの強い欲求が緑を好きにさせます。

また心を乱されたくない心理、バランスを保ちたいとう心理が緑を魅力的に感じさせます。そんな時は心が不安定で大きな不安感がある場合が多いです。
 
緑が好きな人は、緑によって、「自分は自然を愛している、自分は親切である」「自分はデリケートだ」というイメージを伝えようとしています。

緑はバランスをとる働きをし、穏やかな心理状態をつくる助けになります。けれど、極端な結果を招く事を恐れ、曖昧な態度をとるようにもなりやすいです。


 「青」が好きな人の深層心理

誠実さ、慎重さ、忍耐強さなどの性質が、心を冷静にさせる青に惹かれます。

また、自尊心の強さ、見栄、負けず嫌いなど、頑固なほど意思の強い人が青を好みます。

また、人によっては空や海への強いあこがれも、青が好きな大きな理由の一つです。

青が好きな人は、青によって
「知的で上品、洗練されている」イメージ、「優れた人間であること」「男性的であること」を伝えようとしています。

青の良い所は、慎重に考えて行動するようになることです。また、真面目に任務を果たす気持ちにさせます。

悪い所は、積極的なチャレンジを思いとどまろうとしたり、必要以上の心配をしてしまうことです。


  「紫」が好きな人の深層心理

美意識、芸術に対する関心の強さが紫を好きにさせます。

また、目に見えない世界に関心を持つ人が紫を好む傾向があります。

病気、体力が無い人も病気の回復をはかろうとして本能的に紫に惹かれます。

紫は体の回復機能を高める色だからです。

紫が好きな人は、紫によって「自分の美しさ、洗練されたセンス」「芸術への理解がある人間であること、上品な趣味をもつ人であること」を伝えようとしようとしています。

紫が心理に与える良い影響は、自分の直感に頼って判断するようになること、自然と美しい方を選ぶようになることです。

悪い影響は、現実よりも精神性や美を重視したくなることです。


  「白」が好きな人の深層心理

シンプルさへの憧れ、潔白さへの憧れが白を好きにさせます。

また、白が好きな人は、素直さ、誠実さ、正直さなどの性質を多く持った人です。
 
白が好きな人は、白によって「清潔な感じ、若々しさ」また、「正直で誠実、心正しく生きていること」などを伝えようとしています。

白を身につけると、厳しく自分を律し、自分から進んで働こうという気持ちになります。けれど、自分の中のやましい部分、弱い部分を責めて、自信を無くしやすくなります。


  「グレー」が好きな人の深層心理

グレーを好きにさせるのものは、知性や能力にたいする自信からくるものであったり、または、混乱と不安、自分にかかってくる圧力への抵抗であったりします。

グレーが好きな人は、グレーによって「都会人、洗練されたセンス、知的でクールな人間であること」または、「デリケートな人間、やさしく、偏りのない人間」というイメージを伝えようとしています。

グレーの良い所は、感情的にならないこと、システムやルール、管理系統に対して正確に対応しようとする事です。

けれど、その反面、人間的な感情表現が乏しくなり、また、自分の態度は明確にしないで曖昧にしておきたくなります。


  「黒」が好きな人の深層心理

おしゃれ心、ナイーブな感性、強さへの憧れが黒を好きにさせます。

また、強い不満、圧迫感からの逃避欲求、自分を支配するものへの反抗心などが黒を頻繁に身につけたくさせます。

黒が好きな人は、黒によって「ミステリアスなイメージ、近づき難い感じ」「知的な大人、美しく立派であること、自分は強い」ことなどを 伝えようとしています。

黒の良い所は不安や恐怖を受け止めようという気持ちにさせること、また、イヤな刺激を遮る壁になってくれる、という安心感が得られることです。

悪い所は、黒を身につけていると明るく快活な気分が失われていくということです。

そして、他人との交流を避けようとしてしまいます。

●〇戻る〇●



<第七話 色の性格「赤」>

「赤」 赤い色は太陽が燃え、それによって宇宙が生々発展する色。

体内にたぎる血の色、祝いや喜びの色、人の注意を引きつける色。

赤は積極的で動きのある、強い力を持った色。

------------------------------------------------------

「赤」は良くも悪くも人に与える影響が大きく、強い力を持った色です。

うまく使えば行動力の源となりますが、いきすぎるとひどく有害な色です。

その「赤」の効能と害についてみていこうと思います。

------------------------------------------------------

 〇熱のある色

赤は暖かい色です。

熱のあるものは赤くなり、人間も体温が上がれば皮膚が赤くなります。

それに対し、青は冷たい色で、体温が低くなっている人、体力を失っている人は青白い顔をしています。

赤の効能は主に冷たくなったものを温め、中和する働きにあります。

また、赤によってエネルギーを補うこともできます。


 〇赤い薬

赤の波長をもつ薬(赤い色の薬)は赤い光と同じ効果があります。

それらは体を温めたり、刺激するのに使われています。

服用した時にノドがヒリヒリするような薬はどれも赤い原理をもっています。

真っ赤な色のトウガラシは強力な興奮剤で、胃に熱を生み、全身を熱くします。

臭素は赤い液体で、刺激薬、腐食薬です。

“じゃこう”も興奮剤で血行を盛んにします。

その他、赤い薬は多々ありますが、どれも興奮作用があります。

  「赤杉」 興奮剤・利尿作用

  「鉄」  脈拍を上げる強壮剤

  「炭酸アンモニウム」 動脈の興奮剤   等々


 〇赤い光の効果

赤い薬と赤い光は基本的に同じ働きをします。

色のついた光線で病気治療をする「有色光線療法」という治療法があります。

赤い光で改善できる症状は、麻痺、消耗症、慢性疲労などです。

麻痺や体の機能が休止している時には動きをあたえ、消耗症、慢性疲労等ではエネルギーを回復させます。

冷たくなった部分は、血行を良くして温めます。


 〇赤の害

赤はエネルギーの補充に使えますが、エネルギーの足りている人には害になります。

赤ら顔の人、熱っぽい人はあまり赤は使わない方がよいでしょう。

特に炎症などは症状が悪化します。

 

●19世紀、西洋では食堂の壁を赤く、天井をピンク色に配色する流行がありましたが、すぐにすたれてしまったようです。

ドイツで行われた実験ですが、食事時に赤い光の波長をあたえたら、まず胃のあたりに痛みが出ました。

赤は醗酵にいちばん望ましい波長の光で、消化器官が消化(醗酵)物質を出しすぎて炎症をおこします。

原因(赤い光の照射・食堂の赤い壁)を絶つまでどんな治療法も役に立たなかったようです。

食堂の壁を赤くする流行がすたれたのも当然といえます。


●カナダの医師会には赤い光の作用が天然痘の予防に役立ったという報告があります。

その実験をした医師は壁も天井も窓も赤くした部屋に患者を入れるということもしました。
 
患者は喧嘩をはじめ、看護婦にも暴力をふるうようになったそうです。

過剰な赤い光は精神的には苛立ちや不快感を感じさせます。


その他、赤い光による害は、

●赤い光の下で飼育されたモルモットは喉に腫瘍をつくりやすくなった。

●西洋で赤い下着をつける習慣があった頃は腎臓病をわずらう人がとても多かったこと、等があります。


 〇赤は非常に強い力をもった色です。

体が冷える時、エネルギー不足の時にはよいですが、それでも過度に使い過ぎないよう気をつけてください。

赤の良い効果を取り入れたいときは、壁、床、インテリア等ではなく、面積の小さい小物などに使うとよいです。

また、赤いガラスの波長は意気消沈した人には大変な元気をあたえるようです。

強いエネルギーのある赤ですから、小さい物でもきっと大きな効果が得られるでしょう。

●〇戻る〇●



<第八話 開運の色>

「好きな色」は「ラッキーカラー」

ラッキーカラーとは自分の運を良くしてくれる色のことで、それはまさしく自分の好きな色のことです。

好きな色は自分にとって快いもので、その色を身につけていると心身ともに疲れも少なく、気分良くいられます。
 
今回の色の不思議ではラッキーカラーを身につけ、さらに運気をよくするコツ、方法を色別にご紹介します。

また、金運をよくするお財布の色についても見ていこうと思います。

「金運には黄色のお財布が良い」と言われていますが、お財布の色については他にも色んな説があります・・・。 

------------------------------------------------------

「赤」 赤が好きな人は、つねに自信を持った状態でいるようにしてください。

「目立たないようにしよう」「我慢しよう」としても、けっして良い結果を招きません。

あなたは明るく元気でいることが長所ですので、それを表現するようにしましょう。


「ピンク」 ピンクが好きな人は、つねに「夢見心地」になれる何かを持っていてください。たとえば、素敵な恋人、または芸術など。

あなたの良い所は夢や希望を失わず、いつも若々しくしている所。

あまり現実的にならないで、おおらかに潤いを求めて生きる方があなたらしさを表現できるでしょう。


「オレンジ」 オレンジが好きな人は、いつも心から笑顔でいられるようにしてください。

あなたには人を楽しくさせる才がありますので、仕事でも、自分が満足して働ける場所でしたら自然に笑顔で職場の空気をよくすることができます。

できるだけ、人が多く集まるところへ顔を出すとよいでしょう。


「茶色」 茶色が好きな人は、精神的にゆったりとできる環境を持つことが大切です。

何事も派手なことより、地味でもコツコツと積み上げていくようなことが向いています。

また、畑をつくったり、ガーデニングをするなど、「土」から遠ざからないようにすると良いです。


「黄色」 黄色が好きな人は、くよくよしたり、心配性にならない方がよいです。

あなたには子供のような素直さ、明るさがありますのでそれを活かすようにしましょう。

また、年をとっても子供のようなおおらかさと、好奇心を失わないようにしてください。

もともと明るい性格ですので、心がければいつまでも若々しくしていられますよ。


「青」 青が好きな人は、いつも積極的にチャンスをものにできるように心がけてください。

慎重な性格のため、大失敗をすることはありませんが、チャンスの時に「YES」と言いうのが遅れがちです。

仕事運には恵まれていますので、経験を重ねるほど人の上に立つことが多くなります。


「紫」 紫が好きな人は、自分の精神を高めるようなものを探し、精神的な幸福を求めるようにするとよいでしょう。

あなたは精神的な傾向が強いため、直感が非常に強い人です。

ただし、恋愛問題には弱く、直感も働かなくなりますので要注意。


「白」 白が好きな人は、シンプルな生活を心がけ、複雑なものから遠ざかるとよいでしょう。

白が好きな人は、シンプル、質素なものが好きで、そのためなら多少自分を犠牲にしてもかまわない、という人が多いです。

「善良さ」を好み、そのため運気もおおむね良好です。


「グレー」 グレーが好きな人は、無理をしないで自分のペースで生きていくのが良いです。

人が思うあなたの印象は「ソフトでクールな人」です。がむしゃらに突き進むことも、踏みはずすこともありません。

無理せず自分らしさを貫いて生きていくのが得策です。

濃すぎる色、派手な色を無理して身につけると心の動揺を生みますので、楽に身につけられるものを選びましょう。


「黒」 黒が好きな人は、一人になれる時間、心を許せる人と過ごす時間を大切にしましょう。

黒が好きな人は自分の好きな過ごし方や、人にたいする好みがはっきりしていて、それを人に干渉されたくないという思いを強く持っています。

また、自分が打ち込める趣味を常に持って、大切にしてください。

●〇戻る〇●



<第九話 色の錯覚>

生活の中で色を効果的に利用するには「色の錯覚」はとても大切です!

色の錯覚を使うと熱い・冷たいの温感の他に、時間の経過や物の大きさ、重さなどの感じ方も変化します。

色の錯覚を利用して快適な生活環境をつくりましょう!

------------------------------------------------------

 〇時間

時間は壁の色によって長く感じたり、短く感じたりします!

その差は寒色・暖色の違いによっておき、暖色ならば時間は実際より長く寒色なら実際より短く感じます。

それは暖色や寒色がもっている体への影響力のせいです。


暖色(赤・オレンジ・黄等)は私たちの体を興奮状態にする性質があります。
 
体温・血圧が上昇し、呼吸・脈拍が速くなり、赤い部屋にいるだけでエネルギーを消耗して疲れてしまいます。

寒色(青・緑等)の光の中では体温・血圧は低下し、呼吸・脈拍も遅くなり、エネルギーの消耗も抑えられます。

エネルギーの消耗がいつもと違うと、疲労や空腹など、時間が経過したような体感覚がおきるので、時間の感覚が判りにくくなるのです。

この錯覚は飲食店によく利用されています!

壁の色を暖色にし、たとえば客は店に30分しかいないのに1時間もいたように感じ、客の回転が速くなり売上も伸びる、そのような効果を狙っています。

逆に寒色の壁は、1時間も居たのに30分にしか感じず、しかも落ち着いて長居し、青い色の反射のせいで料理までまずそうに見えてしまうなど、飲食店にとっては致命的な色です。

寒色の壁は美容院・病院・銀行など客を待たせるところには有効です。たとえば1時間待ったのに30分にしか感じず、イライラしないで落ち着いて待っていてくれるなら、とても役にたつ配色です。


 〇大きさ

明るい色は大きく見え、暗い色は小さく見えます!

これは「光浸現象」といって、明るい光が暗い方に飛び出して見える現象です。

たとえば海や地平線に沈む太陽は、海や大地に食い込んでいるように見えます。

また、指を太陽にかざしてみると、指は太陽の光で切断されて見えます。

背景より暗い色のものは小さくみえますので、やはり黒い服、暗い色の服は痩せて見えるのもうなずけます。


 〇進出色・後退色

色によって大きく見えたり小さく見えたりするように、飛び出して見える「進出色」、後ろに下がって見える「後退色」があります。

大きく分けると、赤、橙など明るい色、冴えた色、暖色が進出色です。
 
後退色は青・緑・紫など暗い色、くすんだ色、寒色です。

後退色の困ったところは、車の色にすると遠くに見えるせいで進出色よりぶつけられ易いということです。

車の色で一番錯覚がおきにくいのは黄色です。黄色は目に飛び込んで来たときピントが合わせやすいので距離が正確につかめます。


 〇重さ

実際には同じ重さ、同じ大きさの白と黒の箱、どちらが重く感じるでしょう?

答えは黒の箱です。黒と白を比べると、心理的に黒のほうが1.87倍重く感じるという測定結果があります。

重く感じるのは、暗い色、鮮やかな色、色の種類では赤や紫です。

小さな物を贈り物にするのなら、黒や濃い色の包装をお勧めします!

ちょっと想像してみただけでも白い箱より黒い箱の方が重く、高級感があるように感じます。

●〇戻る〇●



<第十話 着る服の色の効果>

着る服の色によって人に与える印象も変われば、着る人の気分も変化します。

仕事・休日・遊びなど色を使い分けると気持ちの転換に役に立つでしょう。

また、人の心理に様々な影響を及ぼしますので、その効果を知っておけば意識的に人に与える印象を変えることができます。 

------------------------------------------------------

 〇赤色の服の効果

肉体労働をする時に赤い服を着ると良いでしょう。

体がよく動くようになり、エネルギッシュに物事に挑戦したくなります。

赤い服を着た人から受ける印象は、「外交的」「遊びに行く途中」「派手」などで、活発で行動的な人に見られやすいです。

ただ、時と場合によっては「目立ちたがり」「世間ずれ」という印象も与えてしまいます。


 〇ピンク色の服の効果

ピンクは女性らしさ、優しさをアピールしたいときに使えます。

着ている人も、接する人も優しい気持ちになれるでしょう。

ただし、全身ピンク色にしてしまうと上品さに欠けてしまいます。


 〇オレンジ色の服の効果

合コン・パーティーなど、人が集まる場所で場を盛り上げるならオレンジが一番です。

オレンジは社会的な色と言われ、遊び上手、人なつっこさ、社交性を表す色です。

周りの人は親しみを感じ、着る人は楽天的でおおらかな気持ちになります。

けれど、全身オレンジ色にしてしまうと、他人から頼られすぎて面倒ごとが増えてしまいます。

また、オレンジは運動機能を高める色です。運動する時に着れば上達が早くなるでしょう。

水泳でもオレンジ色の水着を着ると、水によく浮くといわれています。


 〇茶色の服の効果

茶色は男性のスーツによく使われる色ですが、確かにビジネスに必要な要素を持った色です。特に年輩の方、会社の上役の人に良いでしょう。

茶系の服を着る人からは「温かい人間味のある人」「融通がきく人」「包容力のある人」といった印象を受けます。

また、重要な仕事を任せても岩のように受け止めるたくましさを感じさせます。


 〇黄色の服の効果

内気でなかなか友達ができない子供に、または友人を作りたい人にお勧めの色です。

黄色はコミュニケーションそのものを表す色で「友達になろう」というメッセージを相手に伝えます。 

黄色を愛用していると気持ちが明るくなり、表情も豊になります。

自分と相手をリラックスさせる作用がありますので自然と友達が増えていくでしょう。

ただ、全身真っ黄色のスーツなどを着ていると「挑発的」「見栄っ張り」といった印象を与えてしまいます。


 〇緑色の服の効果

人間関係を良くしたいときに効果を発揮します。

緑を見つめていると穏やかで優しい気持ちになり、話すテンポもゆるやかになるでしょう。

人を許し、守り、育てようとする気持ちも強まるようです。

また、緑色の服を着た人からは若々しい人、お洒落な人といった印象を受けます。 


 〇青・紺色の服の効果

紺色は銀行員・商社マンなど信用を大切にする仕事の人に最も適した色です。

紺系統は、かたい人、知的な人、礼儀正しい人といった印象を与えます。

また、紺や青を身につけると心理的に落ち着き、冷静に正確に仕事をこなせるようになります。

そのためか、紺を好む人は経営者、裁判官など、意思決定や冷静な判断力が必要な人に多いようです。

仕事ではなくても、青・紺は人との関わりの多い時に役に立ちます。

青系統を着ると人から厳しく批判されにくくなるからです。


 〇紫色の服の効果

女性を魅力的に見せます。

ただ、人に魅力を伝える事はできますが、反社会的な印象も与えてしまいます。

芸術的な仕事に関わっている人には、気持ちを落ち着かせる効果があるようです。


 〇白い服の効果

白は制服に最も適した色です。

白を身につけると命令に従いやすくなり、見る人には清潔感・気品・格式性を感じさせます。

しかも、着た人は積極的な気分になるので能率もあがります。


 〇グレーの服の効果

グレーもよくビジネス・スーツに使われる色です。グレーは分別のある真面目な人柄を感じさせます。

また、グレーは接する人に穏やかな拒絶を感じさせますので、不必要な関わりあいを防ぎたい時、外からのストレスを和らげたいときに役に立ちます。


 〇黒い服の効果

黒を着る人は周りの人に近寄りがたい気品を感じさせます。

また、スマートなイメージを与え、魅力的に見せます。

けれど、同時に反社会的な印象も与え、打ち解けにくい人と思われてしまいがちです。

●〇戻る〇●