HOME薬・病気のあれこれ> グレープフルーツと薬

グレープフルーツと薬


ダイエットに人気のあるグレープフルーツですが・・・実は。

 高血圧の治療に使われる降圧剤のうち「カルシウム拮抗薬」という系統の薬はグレープフルーツおよびその加工品(特にジュース)と同時に摂取すると、血圧を下げすぎてしまい、頭痛、めまい、顔のほてりといった症状があらわれることがあります。
これは、グレープフルーツに含まれるフラノクマリン類という成分が、肝臓などで薬を代謝する酵素「チトクロームP450」を阻害し、血中濃度が上昇することで、通常よりも薬の効き目や副作用が強くあらわれてしまうためと考えられています。
「スタチン系」と呼ばれる高脂血症の薬も同様に作用が↑してしまい、副作用が現れたり・効きすぎてしまうなど弊害が出ることがあります。
 グレープフルーツとこれらの薬の相互作用は、同時に摂取した場合だけとは限らず、グレープフルーツを摂ってから10時間後に薬を服用した際にも影響があらわれたとの報告がありますので、これらの薬を服用中にグレープフルーツは食べない・飲まないようにしたほうが良いかもしれません。
他に同じ柑橘類である、八朔、文旦(ザボン)、スウィーティーなども同様の作用があるので注意したいところですが、「オレンジ」には、これら薬との相互作用は認められていませんので安全です(服薬中のオレンジ摂取も可能)。


上記の作用で、グレープフルーツ摂取により、効果が増(↑)す薬

 

カルシウム拮抗薬(降圧薬)

                       * 相互作用がないとされてます
種類 一般名 商品名
ジヒドロピリジン系 * アムロジピン * ノルバスク・アムロジン
 アラニジピン  ベック・サプレスタ
 エホニジピン  ランデル
 シルニジピン  シナロング・アテレック
 ニカルジピン  ペルジピン
 ニソルジピン  バイミカード
 ニトレンジピン  バイロテンシン
 ニフェジピン  アダラート・セパミット
 ニルバジピン  ニバジール
 バルニジピン  ヒポカ
 フェロジピン  スプレンジール・ムノバール
 ベニジピン  コニール
 マニジピン  カルスロット
ベンゾチアゼピン系 * ジルチアゼム * ヘルベッサー
フェニルアルキルアミン系  ベラパミル  ワソラン
 

スタチン系 高脂血症治療剤

                     * 相互作用がないとされてます
スタチン系
(HMG-CoA還元酵素剤)
* プラバスタチン * メバロチン
 シンバスタチン  リポバス
 フルバスタチン  ローコール
 アトルバスタチン  リピトール
* ビタバスタチン * リバロ
* ロスバスタチン * クレストール


上記の作用または他の作用で、グレープフルーツ摂取により、
作用を増(↑)すことが知られている薬

種類 一般名 商品名
抗血小板剤  シロスタゾール  プレタール
免疫抑制剤  シクロスポリン  サンディミュン
 タクロリムス水和物  プログラフ
向精神薬  ピモジド  オーラップ
HIVプロテアーゼ  サキナビル  フォートベイス