猫伝染性腹膜炎 (F I P)
F I P(猫エイズ)と並んで恐ろしいネコの伝染病「FIP」以下に「ヒルズBCB猫セミナー」の内容の一部を掲載いたします。
ネコの臨床医療に詳しい高円寺アニマルクリニック院長の高崎計哉先生の講演を簡単にまとめてみました。
 
ネコの感染症はたくさんありますが、その大半はワクチン予防が可能です。
 
予防法が確立されていない不治の感染症といえば
FIV(猫免疫不全ウイルス感染症=猫エイズ)」と「FIP(猫伝染性腹膜炎)」だけになりました。
 
伝染病の中で最も誤解させやすく、つきあい方がやっかいな感染症がFIPです。
 
生体売買の際に問題になることも多いのでFIPに関して十分に理解しておくことが大切です。
 
 
FIPとはどんな病気?・・・・2つの「ネココロナウイルス」
 
FIPはウイルスが原因で伝染する感染症です。発病率は種類により様々です。
 
感染=発病ではなく、住む環境・精神的なストレスなどの要因が関連してきます。
 
病原は「ネココロナウイルス」
症状が軽い「猫腸コロナウイルス」と重症になる「猫伝染性腹膜炎ウイルス」の2種類
 
明らかに異なるウイルスでも区別が難しくまとめてネココロナウイルスと呼ぶ
※動物病院に依頼するFIP検査の結果は2つのネココロナウイルスの合計値で猫伝染性腹膜炎ウイルスだけの数値ではない事です。
猫伝染性腹膜炎ウイルスだけを調べる方法はまだありませんので、検査データだけでは、感染の有無を決めることはできないのです。
 
ウイルスの感染経路
キャリアのネコから咳や便とともに排出されたウイルスは、別のネコの鼻や口から侵入し、気管や腸で繁殖します。
「猫腸コロナウイルス」も「猫伝染性腹膜炎ウイルス」も感染しただけなら下痢や軟便程度と症状は軽く、時には出ないこともあります。
稀にそのままウイルスが排除される場合すらありますが、普通はキャリアとなって、今度は他のネコの感染源となります。
またネココロナウイルスは胎盤感染しませんので、キャリアの母ネコから生れた子ネコでも離乳直後から1匹で完全室内飼いすれば
ウイルスに感染する可能性は極めて低いと言えます。
発病のきっかけ

「猫腸コロナウイルス」の症状は子ネコの場合は軽度の発熱や嘔吐なので、死亡することなく回復します。

成猫なら無症状のままで一生を終えることも少なくありません。
「猫伝染性腹膜炎ウイルス」の場合は発病率は1%〜10%程度と決して高くはないものの発病すると完治することはありません。
「猫伝染性腹膜炎ウイルス」はネココロナウイルスが突然変異することによって生じると考えられています。
突然変異する要因は特定されていませんが、他のウイルスに感染して免疫力が低下している場合や、手術・出産などの
過度のストレスを受けた場合などは発病率が高まります。またキャリア猫を多頭飼いすると相互感染を繰り返す事になるため、
ウイルスが突然変異を起こす危険性も高くなるようです。
発病後の症状と治療法
FIP発病後の症状は、腹水や胸水のたまる「ウエットタイプ」、水のたまらない「ドライタイプ」があり、両方とも元気がなくなり
食欲も落ち、発熱や下痢を繰り返し、徐々にやせてきて、目が濁ったり、肝臓や腎臓が悪くなることもあります。
進行すると貧血や痙攣などの神経症状が現れることもあり、最終的には95%以上が死に至ります。
治療法としては溜まった腹水や胸水を抜いたり、ネコ用インターフェロンやステロイド、抗生物質を投与する対症療法になります。
   
FIPの予防法
FIPには決定的なワクチンが無いため、キャリア・ネコとの接触を避ける以外に、予防法はありません。
低抗体価で単頭室内飼いは問題ないですが、高抗体価のネコでもストレスを避けて、単頭室内飼いすれば数値の改善があります。
低抗体価のネコが複数いる家に新しくネコを迎え入れる場合、導入30日前の検査で、低抗体価である事を確認しましょう。
ブリーダーさんは、繁殖のために送り出したネコを群れに戻すときは、3週間隔離した上で、低抗体価である事を確認しましょう。
キャットショー会場での他の猫との接触は厳禁です。
1匹でも高抗体価のネコがいると群れ全体の抗体価も上昇します。
高抗体価の多頭飼育の場合でも抗体価を下げ発病させない方法は、免疫力低下の防止に努める事に尽きます。
@ネコにストレスを与えない
A生活空間を清潔に保つ
Bネコの共同で使用するスペースは1区画8頭以下として、トイレも2頭に1つの割合で設置する
Cコロナウイルスはアルコールや石鹸で簡単に死滅するので、トイレ容器とその周辺を週に1度は消毒する
DFIP検査の結果数値に振り回される事の無いようにして、今後の獣医療の進歩に期待する

■抗体検査の判定■
抗体価は両方のウイルスの区別がつかない合計値です
ウイルスA=猫伝染性腹膜炎ウイルス
ウイルスB=猫腸管コロナウイルス

◎抗体価100倍未満=ウイルス感染の可能性は低い

◎抗体価100倍以上1600倍以下=感染の疑い(境界域)
<特に臨床症状が認められない場合>
@ウイルスAを保有しているがまだ発症には至っていない
対処:経過を観察し症状が現れたら再検査を受ける
AウイルスBを保有しているが発症には至っていない
対処:病原性が弱いので感染しても無症状で耐過してしまう
<食欲不振・元気消失・体重減少・発熱の症状を認める場合>
@ウイルスAで発症していて、抗体上昇中の状態
AウイルスBでの症状もしくはその他の原因による症状
対処:の判定はこの時点では困難なので1ヶ月後に再検査
●顕著な抗体価上昇が認められた場合=ウイルスAでの発症
○抗体価上昇が認められない場合=Aの可能性が高い

◎抗体価3200倍以上=ウイルス感染の可能性が高い